ネットで稼ぐ隊!!〜片手間月収10万円〜

アフィリエイト収入UPのためのSEO対策入門

メニュー

ヤフオクとアマゾンを徹底活用して最低月2万は稼ぐ方法
海外リードメールで日本以上に稼ぐ方法
アフィリエイト広告を出して稼ぐためにやるべきこと

 

知識は財産です。知っているというだけで、あなたは他の何も知らない人よりも得をしているのです。そんな、人より一歩前へ進むためにオススメのもの。

↓    ↓   ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■アクセスアップとSEO■

アフィリエイトで稼ぐ上で重要になってくるのがアクセス数です。なぜなら、訪問数・クリック数がそのまま利益に結びつきます。ですから、ここではアクセス数をどうやったら増やせるのかを考えてみます。

1)まず大事なのが、なんといっても「HPの質」です。いくら一度見てくれても、すぐに帰ってしまわれるようではいけません。ネットサーフィンでは、興味がなければすぐにどこへでも飛んでいけます。そのことを常に念頭においておきましょう。

2)次はサイトを検索エンジンに合わせた構造にする「 Search Engine Optimization (SEO) サーチエンジンへの最適化)」ということです。効率的に訪問者を導くことができるようになります。検索エンジンから探し物をするときには必ず、「キーワード」からサイトを探すので、サイトをその「キーワード」に関連付けることができれば、訪問者にとって「探し物が見つかるサイト」の一候補になるのです

 

★SEOの概要★

調査によると、インターネットで情報を探す場合の手段として9割以上が「検索エンジン」を支持し、この中で検索エンジンを選ぶ際に最も重視するポイントとして33%の回答者が「検索結果が多い」事を挙げています。検索結果をチェックするのは3ページ目までのいずれかとする回答者が75%にものぼり、それ以降についてはほとんどチェックされていない現状です。また、2ページ目までのいずれかとする回答者も50%と半数近くにのぼります。
検索エンジンサイトは「Yahoo!」と「Google」に二分されているのが現状です。

 

★SEOに関する基礎知識★

まずは、検索エンジンの仕組みについて知っておかなければなりません。検索エンジンには、ロボット型とディレクトリ型とがあります。

ロボット型検索エンジンとはウェブ自動巡回プログラムによってインターネット上のウェブページの情報を収集し、それを蓄積して検索用データベースを構築するシステムです。代表的なものは「google」です。ロボット型検索エンジンは「Yahoo!」のようなディレクトリ登録型の検索システムとは違い、プログラムが自動的にデータベースを構築するのでその検索対象となるウェブページの数は非常に多く、情報量という面では非常に優れています。

現在ではYahoo!のようなディレクトリ型検索サイトも、その情報量を補う為にロボット型のデータベースを併用することが多く、Yahoo!ではエンジン部分にgoogleを利用しています。

 

★検索エンジンのアルゴリズム★

検索エンジンではユーザーの検索リクエストに対し検索結果を返しますが、このとき表示される検索結果の並び順は検索エンジン独自のルール(検索アルゴリズム)によって決定されています。この順位の決定は要求された検索キーワードとデータベース上のウェブページの

名称 内容
検索キーワード自体がページ内に存在するか
キーワード出現頻度 ページ内のキーワード出現頻度はどの程度か
キーワードの重要度 キーワードがどの程度重要に扱われているか
キーワードの出現位置 ページ内でのキーワードの出現位置は
キーワードの接近度 複数単語キーワードの場合、その接近度は
リンクポピュラリティ キーワードとなる単語での被リンク数は
サイトテーマ ウェブページのテーマはキーワードとマッチするか

などの各要素を照らし合わせた上でページごとにスコアを算出することで行わます。そして、得点の高いページを上位に表示させます。

テキストマッチ

検索エンジンが検索結果の表示順を決定する要因の基本となるのがテキストマッチです。検索キーワードとしてリクエストされた単語がウェブページ内に存在するかということは検索キーワードとウェブページの関連性を測る上で非常に重要になります。ある検索キーワードに対してウェブページが検索結果に表示されるにはページ内にキーワードが存在することが絶対条件となります。

キーワード出現頻度

テキストマッチによりキーワードがページ内に存在するということがわかると、次に考えるべきはそのキーワードがページ内にどの程度の頻度で出現するかということになります。キーワード出現頻度とはページ内(HTMLドキュメント内)に存在する総単語数に対するキーワードの出現数を言います。適切といわれている出現頻度は総単語に対して5%以下と言われています。

キーワードの重要度

<title>タグなどは重要視されており、タイトルにキーワードが入っているページは検索結果において優先されるということです。見出しを定義する<Hn>タグによってマークアップされた単語や、同様に強調を定義する<strong>なども重要な単語であると判断されます。

キーワードの出現位置

ページ内の先頭に近い部分に記述された単語ほど重要な単語であると判断します。<body>タグの直後に記述された単語ほど重要ということです。

キーワードの接近度

単語がお互い近くに記述されている可能性が高く、そういったページこそキーワードとの関連性が高いと判断するというものです。

リンクポピュラリティ

多くのウェブページからリンクをされているページは重要なページであり、リンク元のページの重要度が高いほどリンクされているページの重要度も高いということになります。

サイトテーマ

単純な被リンク数だけでなく、リンク元のアンカーテキストやその周囲のテキスト情報を解析しすることで検索キーワードに対して関連すると思われるページを検索結果に反映するための技術です。

 

 

以上のものがSEOの主要な要素になります。これらを意識的に行っていくことで、大分検索ランキングに影響が出てくるでしょう。

しかし、いくら検索順位をあげたくてもそれだけのためにサイトを改造するというのは愚の骨頂ですし、それらの行為は下記の「検索エンジンスパム」というものに該当され、下手すると除外対象になってしまうものです。ですから、いつもどおりにHPを作っていき、その過程として上記のSEO対策をしていくのが最もよい方法ではないでしょうか。

 

★検索エンジンスパム★

不正な手段によって検索エンジンのアルゴリズムを騙し、検索結果表示において上位を獲得しようとする行為の事です。GOOGLEに代表されるロボット型検索エンジンはある一定のルールに従ってそのランクを決定します。すなわち、それはルールを知って入れば上位にランクできるということなのです。それを逆手にとってしまったものがこの検索エンジンスパムなのです。下手すると除外なのでこれに該当していないかの注意も必要です。

 

また、SEOと同時に実際どこから来たのかを知るためのアクセス解析も大変重要です。せっかくSEOをしても効果が現れなければ意味がないからです。

 

アクセス解析の言葉で少々ややくこしいですが、混同してはいけないものがあります。 クリック数、インプレッション数、クリック率です。

「クリック」とは一般的な意味ではマウスのボタンをカチッと素早く押して離すことでです。これは大丈夫でしょう。

「インプレッション」とは、表示を意味しています。

「クリック率」とはクリックされる割合のことです。 クリック率は、 クリック率=クリック回数(C)÷インプレッション回数(I)です。

 

また、訪問者数をあらわすものも紛らわしいです。

ユニーク・ビジターというのはそのWEBサイトへアクセスするビジター(訪問者・閲覧者)の数で、重複のない人数のことを指します。 つまり実際に何人アクセスしたか、ということになるのだが、Webサイトにおいてはこのユニークビジター数が多いほど、人気のあるページということができます。 重複のあるビジター数、つまり“のべ数”は総ビジター数といい、このユニークビジターの累計訪問数のこととなるのです。

 

リファラーというのはユーザーがあるWebページを訪れる際に経由したWebページの事を指します。つまり、あるWebページに訪れる直前にどのWebページを見ていたかという「参照元」のページの事です。

  1980円アクセスUPーHP登録.com

最後に、この直接収入につながる検索エンジン最適化(SEO)に大変役立つツールを販売している会社を紹介します。それがホームページ登録.comです。ここは私も購入してお世話になっているんですが、とても便利です。しかも安い!!私の入っているベーシックプランは、月々1980円です。何もなくて1980円は高いですが、そのツールの充実振りを見てもらえば一目瞭然です。ぜひ参考にしてみてください。

TOP

Site Map | Contact | ©2004ネットで稼ぐ隊(片手間月収10万円) 

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO